BLOGブログ
BLOG

お肌のくすみ

2018/08/29

おはようございます。

今日は『くすみ』についてお話します('◇')ゞ

「肌のくすみが気になる!」と、思ったことありませんか?!

肌のくすみと呼ばれるものには、さまざまなタイプがあると言われていますenlightened

今回は、特に気になりやすいとされる、「血行が悪くなることによるくすみ」と「乾燥によるくすみ」の対策方法をご紹介yes

一般的に肌のうるおいや透明感がなくなり、肌が暗く見える状態のことを指します。

くすみのタイプには、『血行が悪いことによるくすみ』『乾燥によるくすみ』『黄色っぽくなるくすみ』などがあると言われています。

くすみのタイプによって、対策方法は異なりますのでまずは自分の肌のくすみがどのタイプに当てはまるのかを確認してみましょうenlightened

①血行が悪くなることによるくすみ
日常の疲れやストレス、睡眠不足やからだの冷えなどが原因で、体のめぐりが悪くなります。それにより血行が悪くなり、肌の血色感が失われて顔全体が暗くみえてしまうことがあります。

このタイプの方は、入浴や運動、お顔の体操などで全体の血行を良くするよう意識しましょう。

②乾燥によるくすみ
肌の乾燥によるくすみの主な原因は、肌の保湿不足です。
肌のうるおいが不足するとツヤが失われ、肌がくすんだように見えてしまいがちです。

乾燥によるくすみが気になる方は、古くなった角質などの汚れを丁寧に洗顔で洗い流し、肌をしっかり保湿することが大切です。

③黄色っぽくなるくすみ
黄ぐすみの主な原因は、『カルボニル化』と『糖化』の2種類があると言われています。

※カルボニル化・・・脂質の過剰摂取、紫外線、喫煙、ストレス、加齢などが大きな原因とされています。
脂肪の分解物とたんぱく質が結びついて、黄色くくすんで見えてしまうと言われています。

※糖化・・・糖質(=ブドウ糖。ご飯・麺類・砂糖など)の過剰摂取、紫外線、ストレス、喫煙、加齢などが大きな原因とされています。糖とたんぱく質が結びつくことにより、黄色っぽくくすんんでしまうと言われています。

黄色っぽくなるくすみ対策のためには、食生活を見直すことが大切とされています。食事の他にも、喫煙を控えることなども重要です。

みなさまはどのタイプに当てはまりましたか?!

お肌のくすみは見た目にもあまり良くみられないので改善したいですねlaugh

お肌のお悩みにはエギカムにお任せくださいsmiley